「20歳以上の学生が障害を負った場合、20歳未満と同様に年金を支給するのが国民年金法の立法趣旨だった」という東京地裁の判決がありました。

アメリカンフットボールで活躍していた同い年のスーパーヒーローが、試合中の転倒が原因で障害者になってしまったシーンが脳裏に焼き付いて離れない私にとっても、この判決は学生時代を思い出させる本当に意味深いものでした。

あなたは、学生時代の病気やケガがもとで障害者になっても、障害基礎年金がもらえない場合があるのをご存知でしたか?

初診日が20歳未満にあるか、20歳以降かで明暗を分けているからです。

平成3年(1991年)3月までは、20歳以上の学生は、国民年金への加入は任意でした。

当時任意加入して国民年金の保険料を払っていた学生は、学生全体の2%にも満たなかったぐらいでした。

実際、20歳になって国民年金の手続きに行ったのに「就職してから年金に加入すればいい」と窓口で指導を受けて何もせずに帰ってきた友人がいたくらいです。

しかし、20歳以上の学生時代に初診日のある病気やケガで障害者になった場合には「任意加入していない」と大きなペナルティーが待っていた!

大きなペナルティー…障害を負った上に、国民年金に任意加入していなかったことが理由で、生活に必要な所得保障として支給される障害年金が受給できない無年金障害者になってしまったのです。

「国民年金の未加入者には、年金は支給できない」というのが理由です。

でも、当時学生だった私自身、学生が国民年金に任意加入しなければこんなに大きなリスクを負うことを見聞きした記憶が全くないし、任意加入していた学生は2%足らずだったという事実からも、国が任意加入しない場合のデメリットを周知徹底させていたとはいえないと思うのです。




そんな状況のもとで何千人もの学生が、任意加入していなかったことが原因で無年金障害者になってしまったのです。

憲法では、国民の生存権は保障されています。健康で文化的な生活を送るのに必要な所得を保障をするため、公的年金制度があるのです。

当時、自己責任を取れるほどの十分な情報も与えられていなかったのに、任意加入していなかったのが悪い…という一方的な判断を押し付けられ無年金障害者になった学生ついて、一日も早く障害基礎年金が支給されることを願ってやみません。

国は、ようやく平成3年4月になって学生を国民年金に強制加入としました。
しかし、収入がない学生が多いため保険料の免除等、学生に対しては特例的な取扱いをしています。

<平成3年4月以降の20歳以上の学生の取り扱い>
平成3年4月から平成12年3月まで→学生も国民年金強制加入となりました。
ただし、一般の保険料免除基準とは異なる学生の保険料免除制度が設けられました。それは、学生の扶養義務者である両親の収入などにより学生本人の保険料を免除するかどうかを判断するものでした。

平成12年4月から→新たに「学生の納付特例」が創設され、学生本人の年収が133万円以下であれば、申請により国民年金の保険料納付を最高10年間猶予してもらうことができます。

以上のように現在では、手続きをきちんとしておくで、障害基礎年金が受給できる道が開かれているのです。


年金は、高齢者だけがもらうものではありません。
万一障害者になった場合には、障害年金があります。特に年齢が若い間は、運動量も多いうえ、交通事故の事故率も高くなっていますので、万一に備えるための手続きは大切です。20歳になったら、きちんと手続きをしておきましょう!