お客様の声

1.株式会社ヤマショウ建設
代表取締役 山田昭雄
 彼はとんでもないやつです。
実にいい加減です。
 書類上のことなど、硬いことは
 ほとんど、言わないのです。
 
 それでいて、きっちり、
役所のへの書類、審査などは
処理しているのです。
 
 彼がセビロを着ているのは
ほとんど見たことがありません。
 
 ぼろい、カブに乗ってたいていはやってきます。

 彼と最初に会ったのは、今から20年くらい前のこと。

 いきなり飛び込みで、やってきて
「社長さん、今は法人は一人でも他人がいたら
 社会保険に入らないといけません」。
「もし、まだ入ってないことが、ばれたら
 間違いなくやられます」。
僕がうまいことしますので、
 何かあったら、連絡ください」。
実にあつかましいこと。

 寝耳に水ですし、あんまり、あつかましいので、
頭にきて、「帰れ」と言いました。
 
 

 

数年たって、法人になりましたので、
同じ町内ですし、あの、汚いヒゲが印象に
残っていたので、たまたま、保管していた

名刺に電話したのか゛、悪夢の始まりでした。(笑)
 
 もちろん冗談ですが、本当のような.....。

 彼は相変わらず、いい加減でした。
 頭も良くないので、かっこいいことも無いです。
 しかし、役所の書類、審査などは
 キツチリ処理してくれました。

 私は思いつきで、いろいろ要求するのですが、
彼はマジシャンのように、何とかします。
 でも、ゼンジー北京か、マギー史郎のタイプでしょうけど。

 私の会社や仲間の会社の危機を何度も救ってくれました。
 費用も高くありません。
 
 このページを見ている、社長さんに言いたいことは、
 彼は決して、役所の味方はしないということ。
 彼は決して、ユーザーを裏切りません。
 社労士会などの評判は良くないかもしれませんが、
 それは、誤解です。
 彼が顧問の会社は、実に幸せです
 その理由は
 1.硬いことを言わない。
 2.細かいことを言わない。
 3.費用があまりかからない。
 4.呼べはすぐ来てくれる。
 5.イヤな仕事でも請けてくれる。
それにつきますかね。
 
 

この男は、普段は何の役にも立ちません。
 何かあると信じられないことをして、解決します。
 まったく、えらそうなところがありません。

 まずいところがあるとしたら、
 ずうずうしいところくらいでしょう。
 それと、あの汚いヒゲだけです。

 めんどくさいことが、嫌いなら彼が、一番でしょう。

 

2.有限会社 アイネス 税理士 椎葉氏
彼は20年位前に、開業の挨拶できました。
その後長く付き合うことになりましたが、

しばらくたって、
彼が会計システムのことを、色々、話し始めました。
われわれの業界は人海戦術で、利益を圧迫していることを
彼は理解しているようでした。

当時は良く分かりませんでしたが、
今は新しい会計システムを作る先駆けとなりました。

当社のシステムはいたって簡単です。
マイクロソフト社のアクセスがあり、ワープロ入力程度の
知識で、打つことが出来ます。

当然#打ち込みをお客様に頼むのですから、顧問料などは
安くて済みます。決算月もほとんど苦労はありません。
また、データーの共有がありますので、いつでも直したり
出来る訳です。

かつてはTKCの会員でしたが、今は辞めています。
なぜなら、会費がべらぼうに高いからです。
これにより当社の会計システムは大きく変わりました。

もちろん従来の手書きのものもお受けしますが、
その場合、どうしても割高となります。

バソコンを使う会計は、これから主流となります。
電子申請で、全国どこでも対応できる時代です。

当社も数社、他県の顧問先があります。
彼がいなければ、そのようなグローバルな展開は
なかったと思います。
「ユーザーからの一言」

確定申告が相当楽です。確かに打ち込むのは面倒です。
て゜も、ものすごく簡単です。
また、数字が合わないと言うことは、打ち間違い以外
無いです。
税理士の先生には、記帳など後追いでなく、
先に戦略を立てられるよう、もう少し高い見地で
アドバイスしていただく時間を作ってあげたいと思います。

 

3.顧問先S 社長S氏
彼は、20年位前に、当社顧問税理士の紹介でやってきた。

私は当時、内縁の妻の家に暮らしていた。
社会保険に入ろうというのに、彼は土下座した上、
大変申し訳ないが、お宅の奥さんは被扶養者には出来ません
といきなり言い放った。

なぜかと聞く私に、「内妻は住民票や、お互いの関係を
いちいち、説明しなくてはならない。」
あなたが不愉快な想いをするくらいなら、別にした方がいい。」
「役員になっているなら、打つ手はあるので、何とかする。」
と言い放った。

私は若い頃から、ほとんど自営で、
まじめに年金に入っていなかった。;
「今から入って、もらえるのか」と聞くと、
40歳から15年以上厚生年金単独では20年以上、国民年金と一緒なら25年以上;

それが無理なら生命保険の感覚で入りなさい
と。」答えた。

「生命保険?」「もしも、早く死んだら、被保険者期間中だから
遺族厚生年金になる#。」「これなら、奥さんにも年金は入るから
儲けや」と言いました。

キツネにつままれたみたいで、唖然としたが、
結局彼に丸め込まれた。

その後、内妻とも籍を入れ、、二人とも厚生年金を貰うことが出来た。
保険料が高く、彼にはだまされた気もした。
それで、彼に何度も、かみついたりもしたが、
そのつど、彼は辛いのは解るが、もう少しだと話していた。

だが、年金をもらえるようになった今では、彼にだまされて
よかったと思う。

 

 

4.顧問先食肉加工会社 *食品 社長*氏
 彼は15年位前に飛び込み出来ました。
当時、部落にある当社には、たくさんの仲間がいました。
 彼らは、高齢で、余り教育を受けていませんので、
先代から仲間に保険料を掛けていたのですが、
いかんせん年金の加入暦が足りません。

 彼が、その後引き継ぎ、数名、面倒な高齢任意加入などの手続きをし、

年金請求の手続きもくれました。
 
 それから、私の父の遺族厚生年金なども、手続きをしてくれました。
 
 

 

私の会社は、今は輸入肉などの冷凍肉の加工がほとんどです。
食肉組合は、昔のとちくのままの、労災保険でしたから、
高かったのですが、彼が下げてくれました。
 実態を見ずに、組合は処理しているので問題がありました。

 のちに、何回か労災が起き、うち1名は障害年金となりましたが、

それにも対応してくれました。

 彼の良くないところは、いい加減な所くらいです。
前は保険料の見込みを出してくれたのですが、
今は会社が増えたので、勝手に出してきたので、頭にきて
大ゲンカしましたが、よく調べてみると、
1番安くなっていました。
 
 食肉業界は今、逆風で、正直言って辛いです。
 そんな気持ちを彼は汲み取ってくれているようで、
それなりに感謝しています。

 

5.八百屋、有限会社*商店 *社長
 彼は20年ばかり前に、開業の挨拶と称し、やってきた。
いろいろ世間話をして、近所での長い実績をほめられたので、
話を聞こうという気になった。
 
 私は、高齢に達しようとする、在日韓国人のため、
教育もまともに受けていなかったのだが、
 彼はバカにすることも無く、日本人と同じに扱ってくれた。

 のちに、息子たちの、帰化申請にも協力してくれた。

 私は良く分からなかったが、「確か在日の人は、国民年金に入ったのは、

昭和57年頃て゜したかねと、それなら後、何年入れば年金になる入りましょう」と言い。
 
 

「金が無い」と言うと「役員がほとんどた゛から、何とかなる」
と言い、訳のわからないバンフを出して、「同じ1月でもこれだけ違います。

税金も安くなるんです。」と言うので、
ついだまされてしまいました。

 その後、支払いは、楽ではありませんでしたが、息子たちの子供が生まれたときや、

労災、病気のときなど、キッチリ手続きしてくれました。
 
 それて゛あきらめていた、年金も貰い、今では息子に任せて、
楽隠居の身です。
 
 年金が貰えるようになった今は、彼に感謝しています。
 彼の良くないところは、いい加減なところだけです。

 

6.菓子製造 有限会社K社  社長K氏

 彼を呼んだのは、まだ、健康保険の一部負担金が1割のときでした。
 彼は、私の顧問税理士の紹介でやってきました。
 
 実を言うと、私には既に顧問社労士がいました。
この、社労士が安くても、ほとんど役に立たないので、
税理士さんと二人で、「お前に変えてやるからと言いました。」

 そのとき、彼は頭を下げてこう言いました。
その人は、私の師匠です。そればかりは、お願いですから、しないで下さい。」

と言いました。
 「新規適用はキッチリします。その金は貰います。」と言いました。
 本来は良くないのですが、妻の大手術を控えていたので、
早速手続きしてもらいました。
 本当に助かりました。

 その後、二度も、もちつきの手伝いをしてもらいました

 彼の師匠は、起こって彼に怒鳴り込んだようです。
 
 彼の師匠は悔しいらしく、傷病手当金を取ってきましたけど、
私はれほど役に立っていると、思っていません。

 

 

7.建設会社 D社 社長小西氏
 彼は、20年位前にずうずうしく飛び込みで、来たのです。
それで、うまいこと言われて、
建設業の事務組合に入ることになりました。
 
 そんなある日、私の雇った日雇い人夫が、雇った当日
大怪我をしました。

 彼は広島駅のサウナで、いつもいるような男でした。
住所は、そこなので、労災を取るのは難しいと思いました。
 しかも雇ったその日ですから、無理だと思いましたが、
彼はうまいこと書類を作り、労災にしてくれました。
 
 ケガのみでなく、休業分も出してくれ、本当に助かりました。

 

8.人材派遣会社 株式会社I I氏
 20年近く前に、彼は飛び込みでやってきました。
当時、会社は、主に業務請負をしていました。
まだ、会社は駆け出しの状態でした。

年が近かったのと、あのヒゲは印象的でした。

 当時顧問社労士はいました。
ところが、彼は余り私どもの会社を歓迎していないようで、対応も
今ひとつでした。
 その上、事務所労災を作らず、当時請け負ったばかりの、

自動車部品の製造請負にされてしまったため、長いこと高い保険料を払わされていました。
 
 彼は、労働基準局と折衝し、事務所労災に変更してくれ、
その後も、増加概算保険料の基準を理由に、支払いを少なくしてくれたり、

パートの基準を利用して、社会保険適用を合法的に、回避させてくれたり、

当社にはずいぶん貢献してくれました。
 
 その後、私のセビロのお古や机など、処分に困るものはキチント
受け取ってくれました。 

年が近いので、アホなことばかり、言い合う仲になりました。

 

9.建設業社長 数10名より
 私どもの会社は、下請けがほとんどです。
従業員のケガは元請労災なので、原則、補償されますが、

私ども社長は補償されません。
 
建設業務の減少により、労災特別加入しない社長は、現場に入るなから、

今では仕事さえ回してもらえません
 そんな時、彼は何とかしてくれました。
 しかも、安く入るように考えてくれました。

 また、現場でケガをしたので、仕事ができなかったときの、

ケガの補償、休業、障害などのすべてをカバーしてくれ本当に助かりまました。

 

10.プロパンガス卸 社長M氏
 彼は、私の元部下の社労士がしくじったとき、税理士の紹介でやってきました。
 彼の功績は2つだけ覚えています。
1.労災になったとき、病院に何度も手続きに行き、

その後障害年金の手続きまでしてくれました。
 その後、同じ人間が、仕事中に脳梗塞で倒れたとき、

また病院に何度も行き障害年金に何とかしようと努力してくれました
 結局、労災適用は出来ませんでしたが、何度も、監督署に行き、
しつこく食い下がったらしいです。
 高額療養費、傷病手当金と、厚生年金の障害年金の手続きに立ち会うなど、

してくれました。もちろん、顧問料の範囲でしてくれました。
2.もうひとつ、数名、在職老齢年金のプランを立て、当社の経費を著しく下げてくれました。

 

11.ビルメンテナンス業 社長S氏
 彼には、私の友人の会社社長の紹介で合いました。
一番最初に合ったのは、日曜日でしたが、いやな顔もせず、会ってくれました
 
 当社が、社会保険料をためてしまい、どうにもならない状況でした。

彼は社会保険事務所と折衝し、何とか払えるようにしてくれ、
当社の建て直しに、貢献してくれました。

 それどころか、私の政治活動にも、気持ちよく協力してくれ、
今では彼なしでは、うちの会社は、動かなくなっています。

12.居酒屋 美人ママSさん


 彼のことは、タウンペーシ゜で知り、電話しました。
日曜日なのにすぐ会社に来てくれ、お会いしました。

 うちの会社は結構つらい状況でしたが、うまいことに社会保険に入れてくれました。
 
その後、私の夫がほとんど寝たきりになり

彼が、傷病手当金などをきっちり、貰ってくれました
 
 保険料をためたときは、社会保険事務所と話をつけてくれました。

彼には本当に感謝しています。

 

 

 

13.非破壊検査会社 社長
 彼は、飛び込みできました。当社の出向社員が、現場ではなく
宿泊先で、足を折り切断することとなりました。
 
 最初、労災は困難であるという理由で、彼は社会保険をもらっていました

彼は糖尿病があったのです
 
 ある医者が彼には労災ができるのではというので、彼に電話しました。
 そうすれば、治療費が掛からず、休業も当時、傷病手当金は
標準報酬日額の60%でしたので、給付基礎日額80%に上がります。
おまけに、労災年金になるのです。
 絶対彼のためには得なのでした。 
 
 彼はそれは「絶対労災にできます」と言いました。
そして、社会保険事務所と労働基準監督署に掛け合い、それを実現させました。
 
 もちろん、金を返せと言いますが、使ってしまっていて、

無理なので、皆で話し合い解決をしたのです。
 
 そのために、彼は数年間、生存しその恩恵を受けました。

 

14.飲み屋街の酒屋 美人のお姉さん
 彼は、労働保険の調査と言うのでやってきました。
当社は飲み屋街にありますので、どうしても、夜昼逆転ですが、

彼には夜でも、キチント連絡できます

 社会保険に入ることも薦められました。
なんか、訳のわからないバンフレットを出して、

今入ったら安くするからと言うので、

ついだまされて入りました。

その後は、準顧問なのですが、毎回、手続き費用の掛け合いをします。
 彼は、ものすごく吹っかけてくるので、思いっきり下げると、
「出血でくらくらして、もう死にそうだ。」と言います。
「私が弁天様とおくめもなく言うのです。」
 
 お金を渡すと、私に拍手を打つなど、信じられないことをします。

 それはいいのですが、彼にはいろいろ世話になりました。
 
 労災が数回、保険料の節約は当然ですが、がんで亡くなった社員が、

亡くなるまで、きつちり保険給付の請求をしてくれました。

 もちろん、病院に何度も足を運んでいます。
 彼には本当に感謝しています。

 私が一番言いたいのは、

お姉さん、今は親がいるからいいけど、弟さんの時代が必ず来る

そのとき、独身のあなたはどうなるかわからない

弟さんは大事にしたくても、嫁さんはわからない

悪いことは言わないので、絶対厚生年金に入りなさい
会社のために犠牲になるなんてバカげている

「私の身内にそういう人がいるから、

お姉さんに幸せになって欲しいから」と真顔で言いました。

 「そのときは、大きなお世話だと」言いましたが、今では加入しています。

 ただ、今度、劇団四季に行くので、5000円余分に金をくれとか言うのはどうかと思いますけど。
 掛け合いに負けたら、しっかり領収書に5000円負けましたとか
書いてよこします。彼もメモしています。

 それを次回、必ず見ては交渉してきます。

次回負けたので今回は***円プラスしてもらおうかなと言う按配です。
 
 彼との掛け合いも楽しいですが、何か毎回、だまされた気がしますので、

できたら顧問料で契約された方がいいと思います。